下山晴彦

経歴

  • 東京大学大学院教育学研究科教育心理学科修士・博士課程
  • 東京大学学生相談所助教
  • 東京工業大学保健管理センター講師
  • 東京大学大学院教育学研究科助教授
  • オックスフォード大学客員研究員
  • シェフィールド大学客員研究員
  • 現在東京大学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センター長
  • 現在東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース教授
  • 博士(教育学:東京大学)

臨床歴

資格

(財)日本臨床心理士資格認定協会 臨床心理士

発達障害に関連する専門領域

  • こだわりのある発達障害の支援
  • 発達障害の家族支援
  • 発達障害支援のための認知行動療法プログラム開発
  • 発達障害の2次的問題としてのうつ状態、強迫性障害、無気力、解離の治療

メッセージ

私は、これまでの臨床経験を通して多くの不安障害や抑うつ状態の背景に発達障害の問題があることに気づきました。また、この10年ほどは強迫性障害の認知行動療法プログラムの開発研究をしてきましたが、その過程で発達障害の常同行動(こだわり)が強迫行為と重なっている場合が多いことにも気づきました。

さらに、かつて統合失調症と診断されている事例が、実は発達障害の2次障害としての症状を誤って診断したものであったということにも何回も遭遇しました。そこで、所属する大学において「発達障害系こだわり」に対処するプログラムを開発し、実施しております。
http://www.p.u-tokyo.ac.jp/soudan/020shimoyamalab/03_dd.html

このような経験を多くの方に役立てていただこうと、東京発達・家族相談センターに参加しました。宜しくお願い致します。

お気軽にお電話をどうぞ


03-6801-8821
※ご来談のお申込みは、現在のところ電話のみです。メールやFAXでは受け付けておりません。
※電話での受付時には、通常5分〜15分ほどかかります。当センターにお電話をした際にもし通話中であれば、大変恐れ入りますが15分〜20分ほど時間を置いてから、もう一度お電話をくださいませ。
電話受付時間:
・日曜日〜月曜日 午前10時〜午後17時
・恐れ入りますが、祝日・その他センターの指定休日には、電話の応対はいたしておりません。
心理士の面接時間帯:
平日月曜日〜日曜日 午前10時〜午後17時
・午後17時以降の面接を希望される方は申込時にその趣旨をお伝えください。担当者の時間調整が可能な場合には対応をいたします。