三宅篤子

経歴

  • 東京大学教育系大学院教育学研究科教育心理学専門課程博士後期課程修了
  • 横浜市総合リハビリテーションセンター臨床心理士
  • 戸塚地域療育センター通園園長
  • 横浜市中山みどり園副園長
  • アメリカノースカロライナ大学医学部TEACCH部ウィルミントンTEACCHセンター留学
  • 帝京平成大学現代ライフ学部児童学科教授。

現職位

  • 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所児童・思春期精神保健研究部客員研究員
  • 淑徳大学総合福祉学部兼任講師
  • 東京経営短期大学子ども教育学科教授

資格

臨床発達心理士

メッセージ

本人の責任でない要因によって本人や家族に生じる困難や生きにくさを減らすお手伝いをしたい、という問題意識から自閉症支援に長年かかわってきました。大学では発達心理学を学び、その後乳幼児健診での発達相談、療育センターの外来相談、通園施設、成人の方の通所施設などでアセスメントや支援にたずさわってきました。

またアメリカのノースカロライナ大学のTEACCHセンターに留学し、自閉症を中心にした発達障害のアセスメントや支援についても学んできました。

現在は、大学で発達障害のアセスメントや支援について教えるとともに、国立精神神経医療研究センターで自閉症へのABAやCBTの効果検証の研究にも携わっています。一人一人のお子さんがその長所と強みを生かして、少しでも意味のある生き方ができるようなお手伝いをすること、とりわけ支援にかかわれる専門家の支援と養成に力を入れていきたいと思います。

※ご本人の許可を頂き、BRIDGEこころの発達研究所より転載させていただいています。

お気軽にお電話をどうぞ


03-6801-8821
※ご来談のお申込みは、現在のところ電話のみです。メールやFAXでは受け付けておりません。
※電話での受付時には、通常5分〜15分ほどかかります。当センターにお電話をした際にもし通話中であれば、大変恐れ入りますが15分〜20分ほど時間を置いてから、もう一度お電話をくださいませ。
電話受付時間:
・日曜日〜月曜日 午前10時〜午後17時
・恐れ入りますが、祝日・その他センターの指定休日には、電話の応対はいたしておりません。
心理士の面接時間帯:
平日月曜日〜日曜日 午前10時〜午後17時
・午後17時以降の面接を希望される方は申込時にその趣旨をお伝えください。担当者の時間調整が可能な場合には対応をいたします。