「言葉にしなくてもわかってくれる」という誤解

ASD(自閉症スペクトラム障害)を持つ人々は、「言葉でくわしく伝えられないことを察するのが苦手」とよく言われます。その苦手さは、「相手の表情などから気持ちを読み取るのが難しい」といった形で表れます。

ASDの特徴がさほど強くなくとも、このような苦手さを持つ方々は少なくありません。その苦手さから、学校・職場・家庭などの様々な場面で、「コミュニケーションが上手くいかない」というトラブルが起こることも多いです。

しかし、「伝える側」の意識次第でトラブルが防げる場合もあります。それは、「言葉にしなくても伝わると決めつけず、大事なことは具体的に説明する」という意識です。「わざわざ言わなくてもわかってくれる、とは限らない」という意識を持つことが重要であるように考えられます。

例えば、「出かけるときは身なりを整える」「目上の人には敬語で話す」といったマナーを守るのが苦手なお子さんがいたとします。その親御さんは、「そんなに常識的なことができないなんて……」と落ち込みがちかもしれません。しかし、その子は「できない」のではなく、「マナーについてくわしく説明してもらえればわかる」という可能性もあるのです。

自分にとっては「言うまでもない」と思えるような事柄が、家族や同僚や後輩にとっては「言われて初めてわかること」かもしれないわけです。このため、何も言わずに「察してほしい」とばかり考えず、自分の思いを言葉にして伝えることが重要です。

もちろん、「伝え方」がわからずに困ってしまうという方も、大勢いらっしゃるかと思います。当センターでは、そのような「伝え方」を一緒に考えるサポートも実施しております。お困りの際はどうぞお電話下さいませ。


※ 本エッセイは継続的に更新されます。毎回、発達障害やそれに関連するお悩みをテーマとし、そのお悩みの理由や対処法を考える上で役立つ知識・考え方などをご紹介いたします。

お気軽にお電話をどうぞ


03-6801-8821
※ご来談のお申込みは、現在のところ電話のみです。メールやFAXでは受け付けておりません。
※電話での受付時には、通常5分〜15分ほどかかります。当センターにお電話をした際にもし通話中であれば、大変恐れ入りますが15分〜20分ほど時間を置いてから、もう一度お電話をくださいませ。
電話受付時間:
・日曜日〜月曜日 午前10時〜午後17時
・恐れ入りますが、祝日・その他センターの指定休日には、電話の応対はいたしておりません。
心理士の面接時間帯:
平日月曜日〜日曜日 午前10時〜午後17時
・午後17時以降の面接を希望される方は申込時にその趣旨をお伝えください。担当者の時間調整が可能な場合には対応をいたします。