「もしかして私は発達障害?」の前に

お仕事でミスが続いたり、人間関係が上手くいかなくなったりしたとき、「もしかして私は発達障害?」と思う場合もあるかもしれません。

もちろん、実際に発達の偏りが一つの原因となってミスなどが生じる、というケースも多いかと思います。しかし、「発達の偏り“以外”の原因」が大いに影響している場合もあるため、「すべて発達の偏りのせい」と決めつけないことも重要です。

例えば、「20代の頃はスムーズに仕事ができていたけれど、30代になってからミスが増えてしまった人」がいたとします。そのような人が、実は「30代になった頃から明らかに業務量が増えた」などの環境の変化にさらされていた、という場合は珍しくありません。

当たり前の話ですが、仕事の量が増えれば増えるほどミスは生じやすくなります。どんな人であれ「注意力の限界」はあるのですから、あまりに忙しくなれば「この仕事の予定をうっかり忘れていた」などの失敗が起こりやすくなって当然です。たとえ著しい発達の偏りがなくても、です。

このため、「もしかして私は発達障害?」の前に、「今いる環境を見直すこと」も重要です。その見直しを通して「業務量が多すぎる」「手伝ってくれる人が少なすぎる」などの問題に気づけたら、上司への交渉などの「環境への働きかけ」によって状況が改善する場合もあるかもしれません。

なお当センターでは、発達の偏りなどについて調べる検査も実施していますが、そのような検査を通して「偏りがあまり見受けられない部分」を確認することにも重要な意義があるかと思います。例えば「注意力の苦手さはあまり見受けられない」といった結果を通して、上記のように「環境の問題が大きいこと」が示唆される場合などもあるためです。お困りの際はどうぞお電話下さいませ。

※ 本エッセイは継続的に更新されます。毎回、発達障害やそれに関連するお悩みをテーマとし、そのお悩みの理由や対処法を考える上で役立つ知識・考え方などをご紹介いたします。

お気軽にお電話をどうぞ


03-6801-8821
※ご来談のお申込みは、現在のところ電話のみです。メールやFAXでは受け付けておりません。
※電話での受付時には、通常5分〜15分ほどかかります。当センターにお電話をした際にもし通話中であれば、大変恐れ入りますが15分〜20分ほど時間を置いてから、もう一度お電話をくださいませ。
電話受付時間:
・日曜日〜月曜日 午前10時〜午後17時
・恐れ入りますが、祝日・その他センターの指定休日には、電話の応対はいたしておりません。
心理士の面接時間帯:
平日月曜日〜日曜日 午前10時〜午後17時
・午後17時以降の面接を希望される方は申込時にその趣旨をお伝えください。担当者の時間調整が可能な場合には対応をいたします。