他人の気持ちを「論理的に」教えてもらう

「他人の気持ちを想像することが苦手」という人は、決して珍しくありません。しかし、他人の気持ちを想像しやすくするための工夫としてできることも、たくさんあります。その中の一つは、「他人の気持ちについて“論理的に”教えてもらう」ということです。

例として、「友達と話すときに、自分の話したいことばかりしゃべって、みんなを困らせてしまう」という子どもについて考えてみましょう。

みんながテレビ番組の話をしている中、それをさえぎって、自分の好きなゲームの話ばかりしてしまう。そのような子は、「周りの子は話をさえぎられてイライラしている」ということを想像するのが苦手かもしれません。

周りの大人はその子に対して、「人の気持ちを考えなさい」といった指導をしたくなるかもしれません。しかし、「気持ちを考えよう」というアドバイスは、かなり曖昧なものです。それよりも、以下のような「論理的説明」の方がピンと来やすい、という場合が多いです。

◎論理的説明の例
・ 「たいていの人は、話をしているときに急に話題を変えられると、イライラしてしまう」
・ 「それは、その人が“今はこの話がしたいのに”と思っているから」
・ 「そして相手をイライラさせると、“一緒に話そう”と思ってくれなくなるかもしれない」
・ 「そうなると、君自身が嫌な気持ちになる」

ポイントは、「どんな行動をすると、相手がどんな気持ちになってしまうか」と、「その結果として、自分自身がどんな気持ちになってしまうか」を、丁寧に伝えることです。

なお当センターでは、お子さんに対する上記のような指導についての、より詳しいアドバイスなども実施しております。お困りの際はどうぞお電話下さいませ。

※ 本エッセイは継続的に更新されます。毎回、発達障害やそれに関連するお悩みをテーマとし、そのお悩みの理由や対処法を考える上で役立つ知識・考え方などをご紹介いたします。

お気軽にお電話をどうぞ


03-6801-8821
※ご来談のお申込みは、現在のところ電話のみです。メールやFAXでは受け付けておりません。
※電話での受付時には、通常5分〜15分ほどかかります。当センターにお電話をした際にもし通話中であれば、大変恐れ入りますが15分〜20分ほど時間を置いてから、もう一度お電話をくださいませ。
電話受付時間:
・日曜日〜月曜日 午前10時〜午後17時
・恐れ入りますが、祝日・その他センターの指定休日には、電話の応対はいたしておりません。
心理士の面接時間帯:
平日月曜日〜日曜日 午前10時〜午後17時
・午後17時以降の面接を希望される方は申込時にその趣旨をお伝えください。担当者の時間調整が可能な場合には対応をいたします。