お子さんをほめるのが難しいときは

日本は「ほめる文化」があまり強く根づいていないとよく言われます。親御さんがお子さんの「ほめるべきポイント」を見つけるのも、簡単なことではないかもしれません。難しく感じてしまう自分を責めずに、少しずつ「ほめる工夫」をしていくことが大切であるように思います。

 その工夫の一つとして、「子どもが何かを達成したときのみ、ほめる」というやり方を変えることが重要です。具体的には、お子さんが何かを達成した「後」にほめようとするのではなく、達成する「前」から「がんばれているね」とほめるのです。

 例えば、お子さんが先生から「毎日10分は机に向かって勉強する」という課題を出されたとします。落ち着いて机に向かうのが苦手なお子さんなら、10分きちんとやりきるのは難しいかもしれません。

 このような場合、10分やりきる「前」に「勉強をがんばれているね」などの声かけをすることが大切です。「達成に向けてがんばっているところ」をほめるわけです。5分や3分の勉強もその子の「ほめるべきポイント」である、という考え方が重要です。

 達成する前の「がんばり」をほめられると、「もっとがんばってみよう」という気持ちも高まりやすくなります。結果として3分が5分に、5分が7分に伸びる場合もあるかもしれません。ほめ方に悩む親御さんは、「お子さんが目標を達成できるかどうか」だけに注目せず、「まだ達成には至らないけれど、がんばれている部分」を探してみてはいかがでしょうか。

 なお当センターでは、上記のような「お子さんとの関わり方」についての相談もお受けしております。お困りの際はどうぞお電話下さいませ。


※ 本エッセイは継続的に更新されます。毎回、発達障害やそれに関連するお悩みをテーマとし、そのお悩みの理由や対処法を考える上で役立つ知識・考え方などをご紹介いたします。

お気軽にお電話をどうぞ


03-6801-8821
※ご来談のお申込みは、現在のところ電話のみです。メールやFAXでは受け付けておりません。
※電話での受付時には、通常5分〜15分ほどかかります。当センターにお電話をした際にもし通話中であれば、大変恐れ入りますが15分〜20分ほど時間を置いてから、もう一度お電話をくださいませ。
電話受付時間:
・日曜日〜月曜日 午前10時〜午後17時
・恐れ入りますが、祝日・その他センターの指定休日には、電話の応対はいたしておりません。
心理士の面接時間帯:
平日月曜日〜日曜日 午前10時〜午後17時
・午後17時以降の面接を希望される方は申込時にその趣旨をお伝えください。担当者の時間調整が可能な場合には対応をいたします。