変わらないことの意義

何気なく日常生活を送っていても、「ちょっとした変化」に出くわすことは頻繁にあります。急に気候が変わったり、学校に新しい先生がやってきたり、昔の友達と再会したりと、生活の中には多くの変化があります。

その中には、ワクワクするような楽しい変化もあれば、強い不安を感じさせる変化もあるかもしれません。「安定した日々を送っていたのに、新しい仕事を突然任された」といった変化に対して、「ずっと変わらない毎日で良かったのに」と感じる方も多いのではないでしょうか。

さらに言えば、「何かが変わること」自体に抵抗感を覚える、という人も大勢いらっしゃいます。ASD(自閉症スペクトラム障害)の特徴を持つ方々は、特にその傾向の目立つ場合が多いです。しかし、「変化が怖い」という気持ちは、ASDの方に限らず誰もが持っていると考えられます。

「これまでの生活が変わる」という場面で、「いい方に変わる」ではなく「悪い方に変わる」と想像してしまうのは、ある意味では仕方のないことかもしれません。「悪い方」を想像しておいた方が、リスクに対処しやすくなる場合もあるためです。しかし、その想像をしすぎると、いつの間にか心が疲れ果ててしまいます。

そのような疲労への対処法として、「変わらないこと」を毎日続けてみる、という方法もあるのではないかと考えられます。具体的には、「何らかの習慣を規則的に続ける」という方法です。家事や筋トレなどの「毎日やっていること」に没頭しているときに、くたびれた気持ちが癒されるという方は珍しくありません。

「変わらない」という安心感を持っているからこそ、生活の変化に立ち向かえる、という場合も多いのではないでしょうか。当センターでも、そのような安心感を増やすお手伝いに努めて参ります。お困りの際はどうぞお電話下さいませ。


※ 本エッセイは継続的に更新されます。毎回、発達障害やそれに関連するお悩みをテーマとし、そのお悩みの理由や対処法を考える上で役立つ知識・考え方などをご紹介いたします。

お気軽にお電話をどうぞ


03-6801-8821
※ご来談のお申込みは、現在のところ電話のみです。メールやFAXでは受け付けておりません。
※電話での受付時には、通常5分〜15分ほどかかります。当センターにお電話をした際にもし通話中であれば、大変恐れ入りますが15分〜20分ほど時間を置いてから、もう一度お電話をくださいませ。
電話受付時間:
・日曜日〜月曜日 午前10時〜午後17時
・恐れ入りますが、祝日・その他センターの指定休日には、電話の応対はいたしておりません。
心理士の面接時間帯:
平日月曜日〜日曜日 午前10時〜午後17時
・午後17時以降の面接を希望される方は申込時にその趣旨をお伝えください。担当者の時間調整が可能な場合には対応をいたします。