「好きなように」の難しさ

学校の先生や保護者の方々が抱えがちなお悩みに、「子どもの意志をどのくらい尊重するか」というものもあるのではないでしょうか。

大人の意向を子どもに押しつけず、「あなたの好きなようにやってみていいよ」と伝えることは、とても大切なことだと思います。やりたいことを自由にやってみることで、その子の個性が存分に活かされる場合もあるためです。

しかし、「好きなように」と言われると困ってしまう子も少なくありません。「好きなように」ということは、「やり方を自分一人で考えなければいけない」というプレッシャーにさらされることでもあるからです。

あまりに自由すぎる環境よりも、「やるべきことを丁寧に教えてもらえる環境」の方が力を発揮しやすい、という子も大勢います。勉強のやり方や友達との付き合い方を詳しく教えてもらい、それを実践することで「できた」という手ごたえを得る。そのような過程を通して子どもの自信が高まることは、決して珍しくありません。

ですので、子どもと関わる際は、「その子がどの程度『具体的なアドバイス』を必要としているか」に注意を向けることも重要です。「自由すぎる環境は苦手だけれど、具体的にアドバイスされたことはしっかりと頑張れる」という子は珍しくなく、そのような特徴も尊ぶべき個性の一つだと思います。

もちろん、「どの程度のアドバイスがあると頑張れるか」を判断するのが難しい場合もあるかもしれません。そのようなとき、その子の特徴を詳しく調べる検査等が役立つこともあります。


※ 本エッセイは継続的に更新されます。毎回、発達障害やそれに関連するお悩みをテーマとし、そのお悩みの理由や対処法を考える上で役立つ知識・考え方などをご紹介いたします。

お気軽にお電話をどうぞ


03-6801-8821
※ご来談のお申込みは、現在のところ電話のみです。メールやFAXでは受け付けておりません。
※電話での受付時には、通常5分〜15分ほどかかります。当センターにお電話をした際にもし通話中であれば、大変恐れ入りますが15分〜20分ほど時間を置いてから、もう一度お電話をくださいませ。
電話受付時間:
・日曜日〜月曜日 午前10時〜午後17時
・恐れ入りますが、祝日・その他センターの指定休日には、電話の応対はいたしておりません。
心理士の面接時間帯:
平日月曜日〜日曜日 午前10時〜午後17時
・午後17時以降の面接を希望される方は申込時にその趣旨をお伝えください。担当者の時間調整が可能な場合には対応をいたします。