計画の立て方を振り返る

自閉症スペクトラム障害(ASD)を持つ人の中には、「先の見通しを立てて計画的に行動すること」に苦手さを抱えた人もいます。「障害の診断はされていないけれど、自分もそれが苦手だ」と感じる人も、決して珍しくありません。

そのような場合は、まず、自分の「計画の立て方」を振り返ることが大切です。

大人も子どもも、毎日の暮らしの中で、実は多くの計画を立てています。働いている大人は、「今日はこの作業をして、次にこの作業をして、終わったら上司に報告して……」と、お仕事などの計画を立てます。子どもにしても、「放課後は◯◯くんの家に行って、ウチに帰ったら宿題をして……」と、遊びや勉強の計画を立てます。

ただ、そのような生活上の計画は、「なんとなく」立てる場合が多いかと思います。海外旅行の計画のような特別なものでない限り、「計画を立てるぞ」と意識することの方が少ないかもしれません。そして、十分に意識しなかった結果、手痛い失敗をしてしまうこともあるかと思います。

例えば、「短期間のうちに多くの仕事を詰め込む→疲れ果てて会社を休んでしまう」といった失敗は、非常にありがちです。小学生や中学生の中にも、「たくさんの宿題を一気にやろうとする→上手くいかない→あきらめる」という失敗をしてしまう子は大勢いるかと思います。

そのような失敗を防ぐためには、「まずはじっくりと計画の立て方を振り返ること」が重要となります。それをしないでいると、「上手くいかない理由がわからない」と感じがちだからです。

逆に、「自分は休憩時間を計画に組み込むのが苦手なんだな」「短期間で全部終わらせようとするからつまづくんだな」といったように、自分の計画のクセに気づくと、対処法も考えやすくなります。

当センターでは、そのような「振り返り」のお手伝いも実施しております。お困りの際はどうぞお電話下さいませ。


※ 本エッセイは継続的に更新されます。毎回、発達障害やそれに関連するお悩みをテーマとし、そのお悩みの理由や対処法を考える上で役立つ知識・考え方などをご紹介いたします。

お気軽にお電話をどうぞ


03-6801-8821
※ご来談のお申込みは、現在のところ電話のみです。メールやFAXでは受け付けておりません。
※電話での受付時には、通常5分〜15分ほどかかります。当センターにお電話をした際にもし通話中であれば、大変恐れ入りますが15分〜20分ほど時間を置いてから、もう一度お電話をくださいませ。
電話受付時間:
・日曜日〜月曜日 午前10時〜午後17時
・恐れ入りますが、祝日・その他センターの指定休日には、電話の応対はいたしておりません。
心理士の面接時間帯:
平日月曜日〜日曜日 午前10時〜午後17時
・午後17時以降の面接を希望される方は申込時にその趣旨をお伝えください。担当者の時間調整が可能な場合には対応をいたします。