大切なのは「自分が困っているかどうか」

昨今、テレビ番組やインターネット上の記事などで、発達障害に関する特集をよく見かけるようになりました。

発達障害関係のニュースを目にした方々が、「自分も発達障害なのでは?」と気になってしまう場合もあるかと思います。そのようなニュースでよく言われる「コミュニケーションが苦手」「うっかりミスが多い」などの発達障害の特徴が、「まったく当てはまらない人」の方が珍しいかもしれません。ですので、気になるのも自然なことかと思います。

ただ、そのときに大切なのは、「自分は発達障害か/そうでないか」の二元論だけにとらわれないことではないでしょうか。
より具体的に言うと、

  • 「発達障害なら医師や臨床心理士のサポートを受けるべき」
  • 「発達障害でないなら、自力で頑張らなければいけない」

という思い込みにとらわれないことが重要と考えられます。

発達障害と診断されるほどではなくとも、生活の中で何らかの「上手くいかなさ」を感じている方は大勢います。例えば、「友人との交流は問題なく楽しめているし、ミスも少ないけれど、管理職としての業務だけは上手くいかない」といったお悩みを抱えた方は、決して珍しくありません。

そのような苦しみを感じた際、「発達障害ではないのだから、自力でなんとかしなければ」と思いつめてしまうと、ますます苦しくなる場合もあるかと思います。誰にでも何らかの「苦手なこと」はあって当然です。「『〜〜障害』などの名前がつかないなら、サポートを求めてはいけない」という思い込みで自分を縛る必要はありません。

一番大切なのは、「自分が困っているかどうか」ではないでしょうか。当センターでも、上記のような「上手くいかなさ」に関する相談も含め、様々なサポートを実施して参ります。お困りの際はどうぞお電話下さいませ。


※ 本エッセイは継続的に更新されます。毎回、発達障害やそれに関連するお悩みをテーマとし、そのお悩みの理由や対処法を考える上で役立つ知識・考え方などをご紹介いたします。

お気軽にお電話をどうぞ


03-6801-8821
※ご来談のお申込みは、現在のところ電話のみです。メールやFAXでは受け付けておりません。
※電話での受付時には、通常5分〜15分ほどかかります。当センターにお電話をした際にもし通話中であれば、大変恐れ入りますが15分〜20分ほど時間を置いてから、もう一度お電話をくださいませ。
電話受付時間:
・日曜日〜月曜日 午前10時〜午後17時
・恐れ入りますが、祝日・その他センターの指定休日には、電話の応対はいたしておりません。
心理士の面接時間帯:
平日月曜日〜日曜日 午前10時〜午後17時
・午後17時以降の面接を希望される方は申込時にその趣旨をお伝えください。担当者の時間調整が可能な場合には対応をいたします。