対処法の数を増やす

前回のエッセイ(https://tokyocare.jp/?p=1094)では、「お仕事や勉強などでの失敗を防ぐために、計画の立て方を振り返ることが大切」という内容についてまとめました。今回はその「振り返り方」について、もう少し具体的にまとめていきたいと思います。

計画を立てることが苦手な人は、「いつも同じやり方で課題に取り組んでしまう」という場合が多いです(例えば、「宿題は締め切り直前で一気に済ませる」というやり方をいつもしてしまう、など)。当然、課題の内容によっては、それでは上手くいかない場合も多いです。

このため、「上手くいかない」と感じたら、まず「自分はいつも同じやり方で課題をこなそうとしていないか?」と自問することが重要です。

「自分はいつも同じやり方をしている」と気づくのは、案外難しいです。自閉症スペクトラム障害(ASD)の傾向が強い人は「知らず知らず一つのやり方にこだわる」という場合も多いですし、障害の診断がされていなくとも、そのように「こだわりがち」な人は珍しくないように思います。

そこで、「いつものやり方」を振り返り、「それ以外のやり方」を考えることが重要です。その際、なんとなく考えるだけではなく、いろいろなやり方を書き出してみると効果的かもしれません。言わば、様々な対処法のリストを作っていくわけです。

例えば、「勉強のやり方リスト」として、「①短期間で一気にやる」「②毎日1時間図書館で取り組む」「③早朝に取り組んで夜はすぐ寝る」などの項目を書き出します。そして、勉強を始める前にそれを見返すと、「いつものやり方を焦って選ぶ」という失敗を防ぎやすくなるかもしれません。

上手く計画を立てるためには、そのように、「対処法の数を増やしていくこと」が重要ではないでしょうか。なお、当センターでも、そのような対処法リストを作るお手伝いなどを実施しております。お困りの際はどうぞお電話下さいませ。


※ 本エッセイは継続的に更新されます。毎回、発達障害やそれに関連するお悩みをテーマとし、そのお悩みの理由や対処法を考える上で役立つ知識・考え方などをご紹介いたします。

お気軽にお電話をどうぞ


03-6801-8821
※ご来談のお申込みは、現在のところ電話のみです。メールやFAXでは受け付けておりません。
※電話での受付時には、通常5分〜15分ほどかかります。当センターにお電話をした際にもし通話中であれば、大変恐れ入りますが15分〜20分ほど時間を置いてから、もう一度お電話をくださいませ。
電話受付時間:
・日曜日〜月曜日 午前10時〜午後17時
・恐れ入りますが、祝日・その他センターの指定休日には、電話の応対はいたしておりません。
心理士の面接時間帯:
平日月曜日〜日曜日 午前10時〜午後17時
・午後17時以降の面接を希望される方は申込時にその趣旨をお伝えください。担当者の時間調整が可能な場合には対応をいたします。