自閉症スペクトラム障害――「スペクトラム」とは?

「自分は普通の人間だ」と言い切れる人なんているのだろうか、とよく考えます。誰にだって変わったクセが多かれ少なかれありますし、得意なことや苦手なことも人によって違います。

だとしたら、人間にとって大事なのは「普通になろうとすること」よりも「自分の特徴を知ること」「それに合わせた生き方を考えること」なのかもしれません。

自閉症スペクトラム障害、という名前の発達障害があります。

「他人とのコミュニケーションの苦手さ」や「特定のものごとへの強いこだわり」を特徴とする発達障害で、その特徴を有する人は大人/子どもを問わず決して珍しくありません。

「スペクトラム」とは「連続体」という意味です。この発達障害は、「障害がある人」と「まったくない人」にくっきりと分かれるものではありません。発達障害の特徴がかなり強い人、やや強めの人、少しだけある人……と、障害の度合いがまさに「連続体」となっています。

ですので、「これまで乳幼児健診や病院での診察などで、発達障害だと言われたことがない」というお子さん(成人の方も)でも、人によっては自閉症スペクトラム障害の特徴を「多少」持っている、という可能性はありえます。

本やネットで見られる「発達障害の特徴」に自分がぴったり当てはまっていなくとも、「多少」「部分的に」それがあることで、生きづらさを感じてしまう場合もあるかもしれません。

「多少」「部分的に」だからこそ、その特徴があることになかなか気づけず、無理して「普通」になろうとしすぎて、上手くいかずに落ち込んでしまうこともあるかもしれません。そういうときにこそ、「普通を目指すこと」よりも「まずは自分の特徴をくわしく知ること」の方が大事になってくるように思います。

当センターでは、各種心理検査等を通して、その「特徴を知るお手伝い」、そして「特徴に合った生き方を考えるお手伝い」をしております。困ったときはどうぞお気軽にお電話下さいませ。


本エッセイは継続的に更新されます。毎回、発達障害やそれに関連するお悩みをテーマとし、そのお悩みの理由や対処法を考える上で役立つ知識・考え方などをご紹介いたします。

お気軽にお電話をどうぞ


03-6801-8821
※ご来談のお申込みは、現在のところ電話のみです。メールやFAXでは受け付けておりません。
※電話での受付時には、通常5分〜15分ほどかかります。当センターにお電話をした際にもし通話中であれば、大変恐れ入りますが15分〜20分ほど時間を置いてから、もう一度お電話をくださいませ。
電話受付時間:
・日曜日〜月曜日 午前10時〜午後17時
・恐れ入りますが、祝日・その他センターの指定休日には、電話の応対はいたしておりません。
心理士の面接時間帯:
平日月曜日〜日曜日 午前10時〜午後17時
・午後17時以降の面接を希望される方は申込時にその趣旨をお伝えください。担当者の時間調整が可能な場合には対応をいたします。