悩みを言葉にできないときは

 お仕事や勉強、人間関係の問題などで困っているときは、誰かに相談することが大切です。しかし、「自分が何に困っているのかを言葉にできない」というお悩みを抱えた方も、大勢いらっしゃるのではないかと思います。

 「なんだかモヤモヤするけれど、それをどう説明すればいいのかわからない」と悩んでしまうことは、決して珍しい話ではありません。とりわけ、自閉症スペクトラム障害(ASD)を持つ方には、その「言葉での説明」をかなり苦手とする方が多くいらっしゃると指摘されています。

 ASDを持つ方は、自分の経験した出来事を「言葉」ではなく「映像」として記憶する傾向が強いと言われています。このため、「ここ最近どんなことに困っているか」を説明しようとしても、説明する言葉が頭に浮かびにくい場合も多いと考えられています。

 ASDと診断されていなくても、「頭に映像ばかりが浮かび、言葉は浮かびにくい」という傾向を持つ方は多いのではないでしょうか。そのような方は、自分の苦しみを上手く言葉にする自信が持てず、相談をためらいがちかもしれません。

 その場合、「相談の仕方そのものについて相談すること」が大切です。最初は上手く説明できなくても良いので、まず誰かに「なんだか苦しい」と伝える。そして、その苦しさについて相談するための「言い方」を教えてもらう。「最初からスムーズに相談ができなければ」と思いつめず、まずは相談の方法を練習することが重要かと思います。

 もちろん当センターでも、「相談の仕方についての相談」もお受けしております。お困りの際はどうぞお電話下さいませ。


※ 本エッセイは継続的に更新されます。毎回、発達障害やそれに関連するお悩みをテーマとし、そのお悩みの理由や対処法を考える上で役立つ知識・考え方などをご紹介いたします。

お気軽にお電話をどうぞ


03-6801-8821
※ご来談のお申込みは、現在のところ電話のみです。メールやFAXでは受け付けておりません。
※電話での受付時には、通常5分〜15分ほどかかります。当センターにお電話をした際にもし通話中であれば、大変恐れ入りますが15分〜20分ほど時間を置いてから、もう一度お電話をくださいませ。
電話受付時間:
・日曜日〜月曜日 午前10時〜午後17時
・恐れ入りますが、祝日・その他センターの指定休日には、電話の応対はいたしておりません。
心理士の面接時間帯:
平日月曜日〜日曜日 午前10時〜午後17時
・午後17時以降の面接を希望される方は申込時にその趣旨をお伝えください。担当者の時間調整が可能な場合には対応をいたします。