「自由」に苦しむこともある

 大学に通うのがつらいという学生さんは少なくありません。大学生活には「自由」「気楽」というイメージがあるかもしれませんが、実は大学という環境が「自由」だからこそ苦しい、と感じている方も多いように見受けられます。

 「自由な環境」は、「自分がやるべきことを教えてもらいにくい環境」でもあります。例えば小学校〜高校では、先生から「遅刻をしないように」「○日までに宿題を出すように」と、「やるべきこと」をはっきりと教えてもらえます。しかし大学では基本的に、自分が何をするかは自分で決めることになります。それを苦痛に感じる方も、大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

 何の授業を履修するか、何のアルバイトをするか……いろいろと迷ってしまって決められない場合も多いかもしれません。そして、周りの人から「適当に決めればいいんだよ」と助言され、その助言によってますます困ってしまう場合も、決して珍しくはないと思います。

 「適当に」という助言は、時に人を困惑させます。その助言だけでは、「今、優先的にやるべきことは何か」がわかりにくいからです。

特に、自閉症スペクトラム障害(ASD)の傾向が強い人には、「自力でものごとの優先順位をつけるのが苦手」という方も多いです。このため、「適当に」ではなく「今は○○を優先するといいよ」という具体的な助言をもらった方が、頑張れることも多いように見受けられます。

 大学のような「自由な環境」で力を発揮するためには、「優先してやるべきことを絞ってくれる相談相手」を見つけることも大切です。「今は○○を優先すべき」という助言があるからこそ、目の前の「○○」に集中して充実した生活を送れる、という場合も多いと考えられます。
 
例えばある学生さんが、「単位を取らなきゃ」と多くの授業を履修し、どの勉強から手をつけるべきかわからなくなったとします。そのようなとき、「一気に全部やろうとせず、まずは必修科目の勉強だけを始めてみよう」といった助言が、その人のやる気や集中力を高めることもあります。

 もちろん当センターでも、そのような助言も含めたサポートができるよう努めて参ります。お困りの際はどうぞお電話下さいませ。


※ 本エッセイは継続的に更新されます。毎回、発達障害やそれに関連するお悩みをテーマとし、そのお悩みの理由や対処法を考える上で役立つ知識・考え方などをご紹介いたします。

お気軽にお電話をどうぞ


03-6801-8821
※ご来談のお申込みは、現在のところ電話のみです。メールやFAXでは受け付けておりません。
※電話での受付時には、通常5分〜15分ほどかかります。当センターにお電話をした際にもし通話中であれば、大変恐れ入りますが15分〜20分ほど時間を置いてから、もう一度お電話をくださいませ。
電話受付時間:
・日曜日〜月曜日 午前10時〜午後17時
・恐れ入りますが、祝日・その他センターの指定休日には、電話の応対はいたしておりません。
心理士の面接時間帯:
平日月曜日〜日曜日 午前10時〜午後17時
・午後17時以降の面接を希望される方は申込時にその趣旨をお伝えください。担当者の時間調整が可能な場合には対応をいたします。